苦渋の決断と言われる人工中絶

多くの女性が、大切な相手の子供を祝福してほしいと感じています。しかし、様々な事象が折り重なり、出産ができないという女性も少なくはありません。中絶手術は、多くの母となりえた女性の心に傷を作ります。その苦悩をきちんと知り、次回は必ず笑顔で胎児の成長を見ていけるように、考えなくてはなりません。

様々な避妊方法を確認してみよう

  • コンドーム
  • IUD
  • 殺精子剤
  • ペッサリー
  • ピル

東京の産婦人科で中絶と共に教える命の尊さ

女性たち

妊娠がしにくいのはどちらの問題なのか

子供が授かりたいと考えているけれど、なかなか授からない夫婦は少なくありません。その理由として、どちらかが妊娠しづらい体質である可能性があります。また、その他にも治療が必要な症状がある可能性もあるため、医師に相談することが一番最適な方法とされています。しかし、この症状は女性だけではなく、男性にも現れます。そのため、疑問を感じたら、夫婦揃って検査を受けるのもいいかもしれません。

男性不妊は少なくない

最近では不妊の原因が女性だけでないことが、広く知られるようになってきました。WHOの調査によれば、原因の半分が男性にあるとされています。男性の不妊は、女性と違って複数の種類があります。そのため、その原因を特定することが、不妊対策の近道とも言われています。また、無精子症などの、同じ病名を持ちながら、タイプが分かれる症状もあるため、東京などの病院では、不妊といっても複数の対策を取る場合があります。

病院やクリニックで不妊治療を受けていた人達の声

信頼できる先生がいるまさにこうのとり外来

なかなか子宝に恵まれず、治療を初めて2年ほど立った時にこの病院を教えてもらいました。元々主人がこの病院で生まれたのだと聞き、ここでなら頑張れるのではないかと感じました。熱心な先生であったために、新しい治療法をきちんと見ながら、あまり効果のみられなかった方法は除外するという、常に患者に負担のかからない状態を心がけてくれていました。

タイミング法から顕微授精まで対応

若い頃から子宮内膜症や卵巣出血など、婦人科系の病気にかかることが多く、結婚してから2年経っても子供ができないことから、不妊治療を決断しました。色々な口コミで評判だったので、多くの人が通っているのだと感じることがありました。また、タイミング法だけに絞るのではなく、体外受精や顕微授精も受けることができることから、この病院に決めました。

30歳をキッカケに検査を行なってみた

子供がほしいと感じながらも、なかなか授かることができませんでした。30歳になるのをキッカケに、何か問題があれば治療したいと考えて、検査を決意。女医さんもとても気さくな感じで、どういった方法で妊娠を希望するのかもきちんと対応してくれたので安心しました。タイミング法を利用した自然妊娠だけでなく、人工授精や体外受精などもしているので転院の心配もなくよかったです。

平均よりも高齢出産になる不安を払拭してくれた

若い頃は仕事一筋といわんばかりに仕事をしてきたため、気付けば30後半になっても子供を授かることがでず親戚の集まりでは肩身の狭い思いでした。40歳になる時に不妊治療をと考えていたんですけど、高齢出産でもあるので不安が募る一方です。しかし、先生もきちんとした説明をしてくれて、高齢出産で起きるリスクや高齢でも出産を成功している人の話を聞くことができました。おかげで今までの不安が何だったのか安心しました。

[PR]
中絶なら東京のクリニックへ
デリケートな悩みを即解決♪

広告募集中